【記事型広告 新規オープン】 東急ホテルズ、新浦安・湾岸エリアで新規ホテル「東京ベイ東急ホテル」をオープン、「空と海を感じるホテル」をテーマに全638室 千葉県浦安市

0

    【記事型広告 新規オープン】 

    東急ホテルズ、新浦安・湾岸エリアで新規ホテル「東京ベイ東急ホテル」をオープン、「空と海を感じるホテル」をテーマに全638室 千葉県浦安市

    2018.05.01

    株式会社東急ホテルズ(東京都渋谷区、小林昭人社長)は5月1日、新浦安・湾岸エリアで新規ホテル「東京ベイ東急ホテル」(千葉県浦安市)をオープンした。

     

    同ホテルは、都心からわずか30分に位置しながら、空と海に囲まれたリゾート感溢れる一画に立地。

    ファミリーやグループ、インバウンド向けに多彩な客室を完備、窓からは東京湾を一望でき、都心の喧騒から一歩離れた新浦安・湾岸エリアのベイサイドリゾートを満喫できるという。

     

    デザインコンセプトは「Collection Of Sea『空と海を感じるホテル』」。

    内装は、海と空に包まれているようなストーリー性を兼ね備えたデザインとした。

    海底をイメージした1階エントランスロビーから、上層階に上がるにつれて「海」「凪」「風」、「茜(空)」へと、コンセプトに連動し、フロアごとに趣向が凝らした空間を演出したという。

     

    東京ディズニーリゾート®までは、ホテル専用のシャトルバスで約20分、JR新浦安駅までは同バスで約10分。

    客室やレストランからは、青く静かで穏やかな東京湾の景色を満喫でき、バルコニー付きの客室では眼下に広がる美しく爽快なオーシャンフロントを眺めることができる。

     

    2階ロビーフロアでは、マルチビジョンによる映像演出を実施。

    フロントカウンター前に設置された55インチの液晶ディスプレイがハーフミラー越しに6枚備わり、大画面の中、「エイ」や「カメ」、「クラゲ」などが美しく映し出され、画面の前に立つ人の動きによって形を変えるアートをインタラクティブに楽しむことができる。

     

    638室ある客室は、「スーペリア」「ハイフロアスーペリア」「デラックス」「コンセプト」と大きく4つの客室タイプに分かれ、各フロアから見える風景を切り取って客室にコレクションした内装デザインとした。

     

    珊瑚の森をテーマにしたレストランでは、東京湾を眺めながらブッフェ料理を中心に、ライブ感溢れるオープンキッチンから、出来立ての料理を提供。

    特にシェフ自慢の絶品ブイヤベースは、ここでしか食べられない看板メニューだという。

     

    東京ベイ東急ホテルの所在地は千葉県浦安市日の出7-2-3、交通はJR京葉線・武蔵野線「新浦安」駅よりホテル専用シャトルバスで約10分、東京ディズニーリゾート®よりホテル専用シャトルバスで約20分。

     

    宿泊予約は

    東京ベイ東急ホテル

     

    遊都総研.comより



    コンテンツ

    2016年4月30日までの更新記事(旧サイト)はコチラ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:463 最後に更新した日:2018/08/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM