【記事型広告 新規オープン】 龍名館、創業期以来100年ぶりに「お茶」をテーマに日本らしさを打ち出したブティックホテル「ホテル1899東京」を開業 東京都港区

0

    【記事型広告 新規オープン】 

    龍名館、創業期以来100年ぶりに「お茶」をテーマに日本らしさを打ち出したブティックホテル「ホテル1899東京」を開業 東京都港区

    2018.12.01

    ホテル・レストラン運営を手掛ける1899年創業の株式会社龍名館(東京都千代田区、浜田敏男社長)は12月1日、同社3軒目となる「お茶」をテーマに日本らしさを打ち出したブティックホテル「ホテル1899(イチハチキュウキュウ)東京」(東京都港区)を開業した。

     

    同ホテルは、同社が創業期以来約100年ぶりに用地を取得・建設したホテルで、同社の創業年を冠したブランド「1899」の第1号ホテルとなる。

    建物全体のデザインコンセプトは「現代的に解釈された茶屋体験」。

     

    都営三田線「御成門」駅より徒歩約6分、JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩約9分、羽田空港よりタクシーで約20分に位置し、銀座・六本木・丸の内などに近い立地だという。

     

    同ホテルの客室は2人1室のダブル(18〜20屐砲肇張ぅ鵐襦璽燹33.6屐砲料63室。

    全室、茶道の道具である茶せんをモチーフにした照明や、茶室をイメージした丸い窓、緑茶を連想させるグリーンを基調としたカーペットやインテリアなど、「お茶」の要素を随所に散りばめた。

     

    客室のアメニティや備品も「お茶づくし」。 緑茶成分入りのシャンプーとボディーソープや、茶葉のイラストを刺しゅうしたルームウエアなど、ホテルオリジナル品を用意した。

    また、室内には「1899」ブランドの4種の日本茶(煎茶、玉露、和紅茶、番茶などの10種から日替わりで選定)を、急須と湯呑のセットとともに用意、「バルミューダ」の高機能電気ケトルを使用し、至福の一杯を楽しめるという。

     

    1階には、抹茶やほうじ茶を使った和洋の惣菜を提供する、「日本茶」をテーマにしたレストラン&デリカテッセン「DELI&BAR 1899 東京」を開業。

    ホテル開業当初は宿泊客向けに営業し、朝食メニューをオーダー式のビュッフェスタイルで無料提供、ディナー営業は12月20日から開始する。

    ランチとカフェ営業も始まるグランドオープンは2019年1月16日の予定。

     

    「ホテル1899東京」の所在地は東京都港区新橋6-4-1、交通は都営三田線「御成門」駅A4出口より徒歩約6分、JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線「新橋」駅烏森口より徒歩約9分、都営大江戸線・浅草線「大門」駅A4出口より徒歩10分、JR・東京モノレール「浜松町」駅北口より徒歩13分。

    地上9階建て。

    敷地面積は約370屐延べ床面積は約2,400屐

    投資額は約35億円(用地代を含む)。

    目標宿泊客数は年間2万組、売上目標は年間約4億円。

     

    宿泊予約は

    ホテル1899東京

     

    遊都総研.comより


    コメント
    コメントする








       

    コンテンツ

    2016年4月30日までの更新記事(旧サイト)はコチラ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【記事型広告 新規オープン】 長谷川ホテル&リゾート、JR「旭川」駅徒歩1分、北海道エリアで同社初のビジネスホテル「Y’s HOTEL旭川駅前」を新規オープン 北海道旭川市
      長谷川ホテル&リゾート蠢袿
    • 【記事型広告 新規オープン】 長谷川ホテル&リゾート、JR「旭川」駅徒歩1分、北海道エリアで同社初のビジネスホテル「Y’s HOTEL旭川駅前」を新規オープン 北海道旭川市
      長谷川ホテル&リゾート 相澤

    profile

    書いた記事数:782 最後に更新した日:2019/08/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM