【記事型広告 新規オープン】 ホワイト・ベアーファミリー、大阪市浪速区敷津東に関西地区9号店となる「ホテルWBFなんばえびす 」をグランドオープン、ホテル出店攻勢を加速 大阪府大阪市

0

    【記事型広告 新規オープン】 

    ホワイト・ベアーファミリー、大阪市浪速区敷津東に関西地区9号店となる「ホテルWBFなんばえびす」をグランドオープン、ホテル出店攻勢を加速 大阪府大阪市

    2018.09.07

    株式会社ホワイト・ベアーファミリー(大阪市北区、近藤康生代表)は9月7日、大阪市浪速区敷津東に、ホテルWBFブランドの関西地区では9店舗目・難波エリアでは4店舗目となる「ホテルWBFなんばえびす」(11階建・300室)をオープンした。

     

    同ホテルは、大阪メトロ御堂筋線・四つ橋線「大国町」駅より徒歩5分、大阪メトロ堺筋線「恵美須町」駅より徒歩8分、南海本線「今宮戎」駅より徒歩5分の立地。

    観光スポットの「道頓堀」「通天閣」「新世界」までは徒歩10分。

    ホテル至近には「木津卸売市場」があり、地元大阪の食文化が楽しめるという。

     

    同社では今年中に「ホテルWBFなんば日本橋」「ホテルWBFなんば黒門」の開業を控えている。

    国内の旅行者をはじめ、引き続き増加傾向にある海外からの旅行者にも快適な滞在空間の提供を目指す。

     

    同ホテルの客室は、ダブルルーム80室・ツインルーム183室・デラックスダブルルーム16室・ファミリールーム16室・ユニーバーサルルーム1室など全300室。

    コンパクトでありながら機能的なビジネスタイプと、最大6名まで利用可能なファミリータイプなどを設定。

    全室に40型液晶テレビやナノイー加湿機能付き空気清浄機、モバイル端末のhandyなどを設置した。

     

    ホテル最上階のルーフトップバー「ラ・ステラ」では、大阪のシンボル「通天閣」を眺めながら、アルコールをはじめバーベキューやたこ焼きなど大阪のソウルフードを楽しめる。

    また、週末には「マグロ解体ショー」など、通常のホテルにはない利用客の思い出に残るイベントを開催する予定。

     

    2階「恵比寿ダイニング」では、料理長に「料理の鉄人、NHKみんなの料理」にも出演していた原田充郎氏を迎え入れた。

    北海道から沖縄まで四季折々の食材、そして木津卸売市場からすぐの立地を生かした新鮮なお刺身や野菜など、ここでしか味わえない朝食を用意するという。

     

    「ホテルWBFなんばえびす」の所在地は大阪市浪速区敷津東3-4-21、交通は大阪メトロ御堂筋線・四つ橋線「大国町」駅より徒歩5分、大阪メトロ堺筋線「恵美須町」駅より徒歩8分、南海本線「今宮戎」駅より徒歩5分。

    敷地面積は1,686.69屐延床面積は7,338.65屐

    建物は地上11階建て。

    客室は全300室、付帯施設はレストラン(朝食)、ルーフトップバー(夕食)。

    駐車場は車13台。

     

    宿泊予約は

    ホテルWBFなんばえびす

     

    遊都総研.comより


    コメント
    コメントする








       

    コンテンツ

    2016年4月30日までの更新記事(旧サイト)はコチラ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:528 最後に更新した日:2018/11/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM